原油関連株は今度こそ買い時? リスクを取るか取らないか

原油の動き値動きが激しくなってきましたね。

前回の記事を書いた時期からも状況が大きく変わっています。

ぱぱらっしゅ
子育て中のパパがこれいいな!と思った情報を提供します!

今の状況をもう一度分析してみました。

原油の値段は?

現在のWTIの原油先物の価格は40ドル前後で推移しています。

先週末の4/17にイランと中東諸国との間で増産凍結に合意とならなかったことを受けて、週明けは値下がりしました。

しかしそこからは持ち直して現在は再び40ドル前後で推移しています。

クウェートの石油会社のストライキ等の、値上がりの要素もあるため、今後は大きく値下りせずに40ドル辺りをうろちょろすると考えてます。
私はここ数年先までの値段としては、今が底だと考えてます。

※投資は自己判断でお願いします。

今が底なら、どの株に投資する?

今回、私が購入予定の株はずばり

原油ダブルブル ETN(2038)です!

何個か候補がある中で、この株を選んだ理由は値動きの激しさです。

あれ?リスクのある投資はしないんじゃなかったの?と思われた方、いますよね。

私は今までの記事でそう言い続けてきましたが、今回はリスクを取ります。

ただ、リスクを取りますが、紙切れになってもいいレベルでの話です。←ここ重要です。

原油ダブルブルを選んだ理由

選んだ理由をもう少し細かく見ていきましょう。

値動きの激しさ。1日で100円動く日も!

この株は他のETN.ETFに比べて、値段の動きが激しいです。

投資する金額にもよりますが、一回の取引で万単位の利益も夢ではない値動きです。

ハイリスク・ハイリターンではありますが、非常に夢のある株なのです。

原油が底値のため、値下りリスクが低いと予想

原油ダブルブルは、値下りリスクもあります。

名前の通り、上がる時も下がる時も、原則としては原油の値動きの倍、動きます。

しかし、今の原油価格は底値です。

値下りリスクは低いと考えます。

さらに現在の原油ダブルブルの値段は、800円前後です。

下がっても、そこまでインパクトはないので、私は買いだと判断しました。

懸念事項は信用買い残の多さ

世の中の人のほとんどが買いだと思っているため、信用買いをして手持ち金の倍以上の取引をしてる人がいます。

しかし、信用買いはいつかは逆取引の売りをしなければなりません。

その、逆取引待ちの株数=買い残がとてつもなく多いのです。

買い残は、値下りを引き起こす原因にもなるし、値上がりを防ぐ原因にもなります。

いずれにせよ、一番のリスクは買い残ですね。
このリスクを考えても、買いだと考える方にはおすすめの株です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です