「女性の喜びは子育て」について考えてみた

子育て真っ最中の身として、最近話題のこの言葉について考えてみました。

「女性の喜びは子育て」 では、男性の喜びは?

まず、この言葉について考えるにあたり、女性への固定観念意外にも目を向けるべきだと私は思います。
その中でも最も目を向けるべきは「男性の喜びとは?」だと思います。

近年、女性の社会進出が進み、子供を産んでも仕事を続ける女性が増えてきました。
これ自体は非常に良い事です。
それに伴って、今回の様な性差別に繋がる言葉には非常に敏感になってきています。

しかし、日本の社会は男性への性差別には目を向けません。
男性の喜びは仕事、というのは変わってません。
男性の喜びが子育てでもいいと思いますが、論じられる事はありません。
そのため、「男性は仕事、女性は子育」という構造が変化しないのです。

男性の子育て参加の仕組みを作るべき

近年は男性の子育て参加を促す仕組みを作る企業が増えてきました。
しかし、その様な企業は全体の中では少数派であり、またまだ男性の子育て進出は進んでいません。
私は、男性の子育て進出のための仕組みを、女性の社会進出のための仕組みと同時に作るべきだと考えます。

子育ては一人ではなく、夫婦でやるものです。
一方の仕組みを作るだけでは、成り立ちません。
女性の社会進出を促進させるためには、中途採用の活発化やママを雇用した時の企業への助成金など色々な方法があると思います。
そんなことも考えながら子育てしやすい国を作ってもらいたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です