関東のおすすめ温泉ベスト3! 

まだまだ寒い日が続いていますね。

私の故郷は温泉の多い県なので、こんな季節は温泉に入りたくなります。

温泉は美肌や疲労回復の効能があることが多く、老若男女に愛される場所ですよね。

私は今までに50カ所以上の温泉に入ってきましたが、その中でもおススメの温泉をご紹介します。




おススメ温泉ベスト3! 混浴が上位独占。笑

一位 宝川温泉 汪泉閣

群馬県にあるとても広い温泉です。ここは数多くの方がおススメとされているので、ご存知の方が多いと思います。

渓流を跨ぐ形で温泉があり、その一つ一つに特色があるのも宝川温泉の特徴です。

非常に広い湯舟が複数個あるため、時間をかけて色んなお湯に入りながら、素晴らしい景色を満喫することが出来ます。

全ての季節毎に素晴らしさはあるのですが、特に秋の紅葉を見ながらの入浴は最高です。

客層も家族連れ・大学生等の若い男女・外国人カップルが比較的多く入り易いです。

こちらの温泉は混浴ですが、女性はタオル巻きOKですので安心して入浴することが出来ます。

土日は訪問客が非常に多いため、平日に行くのがおススメです。

〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原1899 汪泉閣

■宝川山荘  受付時間 9:00~17:00
TEL0278-75-2614 (山荘受付直通) TEL0278-75-2611 (代表電話番号)
宝川温泉は日帰りでも楽しめます。露天風呂及び庭園は、宿泊と共通年中無休。
予約の必要はありませんがインターネットでの予約がおすすめです。

[料金・その他]
料金/1,500円(午後3時以降のご入場は1,200円) 子供1,000円(午後3時以降のご入場は900円)
レンタル/フェイスタオル(200円)、バスタオルレンタル(100円)

第二位 尻焼温泉

こちらも群馬にある温泉です。

川自体が温泉となっており、その壮大さには圧倒されます。

川の岸には温泉小屋があり、こちらにも小さな浴槽があるため、川を眺めながらの入浴も可能です。

普段は水着を着た入浴客が多いらしいのですが、私がお邪魔したときは誰もいませんでしたので、男らしく生まれたままの姿で入浴しました。

川のせせらぎが聞こえる中、空を眺めながら川に一人で浮いて入浴をしていましたが、嫌なこともすべて忘れてしまうほどの解放感でした。

是非、人がいない時に訪問出来たら試してみてください。

一度、若い女性と遭遇したことがありますので、裸で入浴の際は注意して下さいね。笑

入浴料は無料です!

〒377-1701 群馬県吾妻郡 中之条町入山

第三位 白骨温泉 泡の湯

長野県にある乳白色の有名温泉です。

長野の山奥にあり、行くまでに時間がかかりますが、内湯・露天共に素晴らしいので所要時間以上の価値はあります。

まず泉質が非常に肌によく、入浴した後は肌がすべすべになります。

これは女性にとってはうれしい効能ですね。

内湯には、伝統がありそうな木造の浴槽があり、まるで千と千尋の神隠しの温泉に入っている様な気持ちになります。

露天風呂は非常に広く、周りを木に覆われています。

こちらも混浴温泉です。一位の宝川温泉を始め、4カ所の混浴温泉に入ったことがありますが

こちらの温泉の女性比率は非常に高かったです。

私と同世代の30前後の方が多く、若い女性でも気軽に入れる雰囲気でした。

お風呂も乳白色であり、専用のタオルもあるため、女性も安心しては入れます。

安心してください。見えないですよ。

白骨泡の湯 外湯・日帰り入浴のご案内

■本館 (旅館内の大浴場及び混浴露天風呂がご利用いただけます)
営業時間  10:30~14:00
施設内容 混浴野天風呂・男女別内湯・男女別野天風呂
料  金 大人 820円 中学生以上大人
3歳~小学生まで 510円
※その他有料の物
・タオル:250円、バスタオル:700円、シャワーキャップ:110円、カミソリ:220円

まとめ

結局、ベスト3全てが混浴温泉となってしまいました。

やはり素晴らしい温泉は、全員で共有できる様に混浴になっているということでしょうか。

(お前が混浴好きなだけだろ、と思った方。否定はできません。笑)

偶然にも3カ所とも関東に近い温泉でしたので、ご覧になられてる関東の方は是非行ってみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です