今が買い時?? 今が底値の原油・石油関連への投資

原油価格 直近で最安値!

原油の価格が大きく下がっています。
現在のWTIの原油価格は30ドル前後で推移しており、直近だと最安値です。
これからどの様に推移していくのでしょうか。

30ドルはまだ高い? それとも底値?

現在のWTIの価格はここ数年では最安値ですが、数十年前に比べると決して安値とは言えない状態です。
下の表をご覧ください。

genyu

2000年より前は20ドル以下で推移している時期もありました。
現在と比べると、新興国を中心とした原油の需要量が異なるので簡単に比較は出来ませんが、
原油の値段は落ちてもこの辺りまで=今が買い時!と私は考えています。

原油価格が底値であると考えている理由は?

サウジアラビアの国債発行

今まで原油輸出により潤ってきたサウジアラビアは八年間国債を発行していませんでした。

そんなサウジアラビアが、2015年8月に八年振りに国債を発行しました。

これは原油価格の低迷により、国家財政が悪化したからと言われています。

このまま原油を減産せずに輸出し続けた場合、原油価格は低迷したままであると予想され、その場合はサウジアラビアの財政は改善しません。

そこで、将来的にはサウジアラビアを始めとする産油国は減産を行い、供給量を減らすことにより原油の値段をあげるのでは?と考えています。

原油価格を下げる材料が出尽くした

今までの原油価格の低迷は、供給過多と新興国の需要の低下が原因です。

とりあえず供給過多に関しては、これ以上は材料は出てこないと思います。(アメリカのシェールガスの掘削リグの減少、イランの制裁解除はもう出ました。)

イランの原油輸出の再開などによる値下がりのリスクなどもありますが、現在の価格に一定量織り込み済みと考えます。

中国の経済が悩みの種ではありますが。。。。

アメリカのシェールガス関連会社の採算ラインを割っている

それぞれの油田により違いはありますが、シェールガス掘削のための採算ラインはWTIの価格で$35-40と言われているようです、

現在はこの価格を割っているので、これ以上の新規掘削は積極的には行われず、今後は供給量が減ると考えています。供給量が減る=値段があがると考えています。

どの様に石油投資を行うのでしょうか。

お手軽に買える原油関連上場投資信託

上場投資信託とは、株と同じように購入できる投資信託です。
現在、購入可能な石油関連の投資信託は何個かありますが、私は下の二つを検討しています。

おススメの上場投資信託

①野村原油先物ETF
②NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN

こちらは何れも原油の価格に連動して値段が変わる上場投信です。
①は値段の動きが少なく、②は値段の動きが大きいです。
②は以前は一万円台でしたが、現在は千円以下になっています。
今買ったら、何年後かに5倍くらいにならないかなぁ・・・と一人で妄想しています。笑

リスクはあるの?

値下がりのリスクはもちろんあります。

特に②の原油ダブル・ブルは原油の値動きの二倍の値動きをする設定になっているので注意が必要です。

加えて、こちらの銘柄は信用買い残がとんでもないことになっているため、原油の価格があがっても買い残による売りが重荷となり思ったより株価は上がらないかもしれません。

いずれにせよ長い目で見た投資が必要になると思います。

まとめ

石油に代わる資源がまだないので、長い目で見たら原油価格はあがると思います。

それが$100までなのか$50までなのかはわかりません。

ただ、他の株よりは値下がりのリスクは低く、現在が底値付近である可能性が高いので、私は投資先の第一候補として検討したいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です